7月28日

7月28日の練習は30日のプレコンに向けて通しの練習を行いました。

ところで吹奏楽コンクールの規定には課題曲と自由曲を合わせて12分以内に収めないといけないというルールがあります。つまり私たちはたった12分間の為に毎週練習をしているのです。今まで積み重ねてきた時間を12分に乗せるというのはとても尊いものであると私は感じています。他団体の演奏を聴いても、12分間に込められた努力の過程をついつい想像してしまいます。ただ与えられた音楽を楽しむのではなくその過程も楽しむのが吹奏楽コンクールの醍醐味の1つであると勝手に考えています。みなさんはどのようにお考えでしょうか。

部員のみんなは通しを行った後はへとへとになっていました。本番もすべての体力、精神力を出し切るつもりの勢いで頑張りたいと思います。


タイムオーバーが不安で夜しか眠れない 3回生ピロ


滋賀県立大学吹奏楽部

滋賀県立大学吹奏楽部の公式ホームページです。今後の演奏会やイベント、依頼演奏などの情報をお知らせします。